痩身の最近のブログ記事

フランスで可決!痩せすぎモデルの雇用禁止!
このニュースは衝撃でした。
プレタポルテのモデルさんなんて、細くて当たり前だって
私自身も思っていたし、あの細さに違和感もありませんでしたからね。
けど、あそこまでの細さ憧れはなかったし、
あんなきゃしゃな体作りは自分には無理な世界だって思っていて、問題視をしたこともありませんでした。

でも、やっぱりフランスのモデルさんの影響って大きいようです。
フランスでは、約4万人もの拒食症患者がいるとのこと。
その中には、やっぱりモデルさんもいて、
拒食症によって亡くなったモデルさんもいました。
モデルのスタイルにあこがれる若い子も多くいることから
痩せすぎのモデルの回顧に至ったようです。
拒食症患者の約9割が10代の子だといわれています。

拒食症という病気の恐ろしさに一番衝撃を受けたのは、拒食症患者さんであった、フランス人の元モデルの写真が出たことです。
フランス人で元モデルであったイザベル・カロさんの
拒食症となった体のヌード写真でした。
これは、イタリアで拒食症の恐怖を訴えるキャンペーンとして
打ち出されたポスターだったのですが、
その痩せすぎた体は脊椎までもが浮き彫りになった
骨と皮一枚と言えるほどの体で。
イザベル・カロさんは28歳という若さでお亡くなりになっています。
拒食症による、免疫低下によって亡くなったとか
急性呼吸疾患によって亡くなったといわれています。

そして、イザベル・カロさんが拒食症と戦う姿は日本のテレビでも
映し出され、精神的な辛さや健康面、美容面、
抜け出せない苦悩を訴えていたのを覚えています。
他にも、21歳のモデルさんがショーの最中に拒食症による
栄養失調からくる心臓発作で亡くなっています。
彼女は体系を維持するために、トマトとリンゴのみを食べ続け
172センチの身長で体重が40㎏だったそうです。

拒食症とは、単に食べられなくなる。
というだけでありません。
人生を楽しむこと、友達や美肌だけでなく命さえも奪います。
そういう芯の恐ろしさから、痩せすぎモデルの雇用禁止に至ったのでしょう。

フランスでは、痩せすぎモデルの回顧禁止になった時、
モデル雇用に関しての定義としてBMI18以上でなければいけないということ。
BMIが18未満だと雇用はされないんですね。
BMIとは、身長と体重から出る肥満度の数値です。
体重÷(身長×身長)で求めることができますよ。

日本でもそういうのやったらいいのにな~。
なんて、思います。
日本の芸能人やモデルさんも痩せすぎ。
日本の男性ってなんだかんだ言ってもモデル体型がいいでしょ。
ぽっちゃりの方がモテる時代が来ませんかね~。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち痩身カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイエットサプリです。

次のカテゴリは痩身エステです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。